IFA JAPAN Blog | 海外ファンド、国際分散投資による資産運用コンサルティング

2017年1月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2017年1月---IFA-JAPAN-Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の1月の実績をお知らせします。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

投信コストの透明化

投信コストの透明化-IFA-JAPAN-Blog

さて、今週のテーマは、「投信コストの更なる透明化の動き」についてです。

先週、投資信託の運用手数料を、“業界最低”にするという大手投信運用会社の取り組みをご紹介しましたが、今度は、「投信の手数料の透明化」のニュースです。

信託報酬が運用成績をどれだけ押し下げているかを、自社のサイトで開示すると宣言した証券会社が現れました。

もっと読む...

業界最低信託報酬

業界最低信託報酬-IFA-JAPAN-Blog

さて、今週のテーマは、「業界最低信託報酬」についてです。

スーパーマーケットへ買い物に行くと、時々こんな表示を見かけます。「当店は常に地域最安値を目指しております。もし他店より高ければ、お知らせください!」スーパーで日用品を買う時ばかりでなく、家電量販店でも見ることがあります。

まさか、同じフレーズを新聞で読むとは思いませんでした。日本経済新聞によると、業界大手の運用会社が、株式などで運用する投資信託の一部の運用手数料(信託報酬)を、業界最低とする方針を固めたとのことです。

メキシコの次の標的は?

メキシコの次の標的は?---IFA-JAPAN-Blog

さて、今週のテーマは、「メキシコの次の標的」についてです。

トランプ新大統領は、予想通りのアクションをとっています。ある意味では、予想以上かもしれません。

どんな政策をうちだしてくるのか、マスコミばかりでなく、世界中の政治家、市場関係者など、固唾をのんで見守ってきました。

現実に起こっていることは、共和党優位の状況にも関わらず、連邦議会など面倒くさいものはすっ飛ばして、自分で決定できる“大統領令”の連発です。

2016年12月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2016年12月 - IFA JAPAN Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の12月の実績をお知らせします。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

2017年の波乱は!?

2017年の波乱は - IFA JAPAN Blog

さて、今週は、「2017年に起こるであろう波乱」について、考えてみたいと思います。

今更ではありますが、昨年のびっくりNo.1は「トランプ氏の勝利」であり、次点は「英国のEU(欧州連合)離脱」だったのではないかと思います。

私が調べた範囲では、この2つとも、2016年の当初、ほとんど誰も予想していませんでした。

もっと読む...
1 2 3 12