「四半期決算、廃止にしては!?」

久々に、トランプ大統領が、面白い発言をしました。

米国企業の四半期決算を、「半年ごとにしてはどうか」とSEC(証券取引委員会)に、検討を要求したというものです。

More...

それを受けて、早速、いろいろな意見が出ています。

例えば、米国の株式が、欧州に比べて高く推移しているのは、四半期決算のおかげだという意見。

また、逆に四半期決算をやめると、インサイダー取引が起きやすくなり、不正に対する目が届きにくくなるといった声もあります。

ただ、個人的には、この四半期ごとの決算会計報告の問題より、優先すべきことがあるのではないかと思ってしまいます。

対中を始めとする各国との貿易摩擦や新興国との摩擦の問題と比較すれば、少なくとも現時点では優先順位は低いと言えるでしょう。

その時々の思いつきや気にいったこと、気に入らないことを、Twitterに呟いてしまう大統領。

どんなに国民が苦しくても、自国通貨の急落に対して、なんら効果的な措置を打ち出さない大統領。

着々と権力を固めることしか頭にない国の為政者。

今の世界のトップを観ていると、自分の保身、そして自国優先が主流となり、本当に世界を思って活動している政治家が少ない気がしてなりません。

このような状況下においては、相場が乱高下するのも致し方ないのでしょう。

やはり自分の身は、自分で守るしかありません。

あまり極端なバイアスをかけることなく、“相場がどうなってもよいようなプラン”を構築することが、「資産形成」の重要なポイントです。

これから「ポートフォリオ」を構築して、資産作りを始められたい方。すでに、資産作りを始めているが、「ポートフォリオ」の見直し・点検の必要性を感じている方。8月中に一度、じっくり考える時間をとられてはいかがでしょうか。

現在、8月25日土曜日午後、8月27日月曜日午後は、いずれも面談のご予約が可能となっています。

お困りでは? IFA JAPAN Blog
Insert Symbol or Content Template