アーカイブ

カテゴリーアーカイブ "「海外ファンド」で賢く資産運用"

この時期に元本確保型ファンド登場!

IFAJ-Blog-Post-Title-Image-MASTER---Image-with-Transparent-Overlay-and-Title-730-x-410-vこの時期に元本確保型ファンド登場

さて今回は、数年ぶりに、「元本確保型ファンド」を取り上げてみたいと思います。

2000年以降、海外ファンドの中でも、「元本確保型ファンド」が注目を集めました。満期まで概ね10年前後の期間設定がされ、ヘッジファンド等で、何倍かのレバレッジを
かけて、運用を行うというものが大半でした。

万一、運用が失敗した場合でも、満期まで継続保有すれば債券部分の元本が戻ってくる
といった仕組みになっていました。

もっと読む...

グローバル株式ファンド

グローバル株式ファンド-IFA-JAPAN-Co-Ltd

さて、本日取り上げるファンドは、私たちの会社のメインサービスである“PMS”の「モデル・ポートフォリオ」でも採用している「グローバル株式ファンド」です。

運用を行っているのは、日本にも拠点を持つ米国系の資産運用会社です。当ファンドは、「グローバル株式ファンド」の中でも、先進国の株式を中心とし ているのが特徴です。

私たちの運用方針も、今年8月に新興国の割合を下げ、米国株を中心としたファンドにスイッチする方針を決定したことから、当ファンド を採用しました。

もっと読む...

グローバル・マクロ戦略型ヘッジファンド

グローバル・マクロ戦略型ヘッジファンド-IFA-JAPAN-Co-Ltd

今回は久しぶりに、ヘッジファンドを取り上げてみたいと思います。
運用戦略は、「グローバル・マクロ」です。

グローバル・マクロ戦略とは、ヘッジファンドの代表的な運用戦略であり、世界主要マーケットのあらゆる市場の“歪み・矛盾やトレンド”に、投資機会を見出す投資法です。「買い」と「売り」のポジションを持つことができるため、市場の方向性に関係なく、収益の追求を目指します。

もっと読む...

タックスヘイブン対策税制と国外転出時課税制度

タックスヘイブン対策税制と-IFA-JAPAN-Co-Ltd

タックスヘイブン対策税制

さて、タックスヘイブンとは「租税回避地」のことで、他国に比べ大幅に税率の低い国や地域のことを指します。法人税などの税率が低い国に、実体のないペーパーカンパニーを設立し、所得や資産を移すことにより、納税額を減らすことを目的に利用されています。

主要国は、このような課税逃れを防ぐための法律を作っており、一般的にこれを「タックスヘイブン対策税制」と呼んでいます。 もっと読む…

売掛金担保融資ファンド

売掛金担保融資ファンド-IFA-JAPAN-Co-Ltd

さて、本日は、市場の価格変動に影響を受けにくい「オルタナティブ・ファンド」を取り上げてみたいと思います。

当ファンドの投資対象は、「売掛金担保融資」です。「売掛金担保融資」とは、企業が保有する売掛金(未回収の売上)を担保に、融資を行うことを指します。「現金売上」はその場で資金が手元に入りますが、売掛金の場合、現金化するまで時間を要します。
一般的には、1カ月から3カ月くらい、現金化できるまでの時間が必要です。

もっと読む...

「さや取り戦略」とは!?

さや取り戦略とは-IFA-JAPAN-Co-Ltd

さて、ヘッジファンドにおいても、かなり多く用いられている「サヤ取り戦略」について、今回は取り上げてみたいと思います。

一般的に、“サヤ取り”とは「価格の上下に直接影響されない“価格の差”の変化を利用した投資方法」のことを言います。

一口にサヤ取りと言っても、様々な種類がありますが、一般的には、株式市場や商品先物市場などを対象にしているものが多いといえるでしょう。 もっと読む…