“こう着状態”のうちに

米朝首脳会談を含め、イベントが目白押しだった週が終わりました。

米朝首脳会談を筆頭に、米中貿易問題の再燃、FOMC(米連邦公開市場委員会)、日銀政策決定会合、ECB(欧州中央銀行)理事会など、政治・金融関連のイベントが目白押しでした。

More...

中身はというと、米朝首脳会談では、共同声明が出され、FOMCでは、予想通り、政策金利が0.25%引き上げられ、ECB理事会では、量的緩和政策を年内に終了と発表など、ニュースも盛りだくさんでした。

一方、様々な出来事があった割には、マーケットは“静かな動き”でした。

1週間前と比較すると、以下の通りです。

6月8日終値

6月15日終値

変化

NY ダウ平均

$25,316.53

$25,090.48

-0.89%

日経平均

22,694.50円

22,851.75円

0.69%

DAX (ドイツ)

12,766.55

13,010.55

1.91%

米ドル/円

109.55円

110.65円

1.00%円安

ユーロ/米ドル

1.1770

1.1610

1.36%ユーロ安

もちろん変動はしていますが、取り立てて、「どちらか一方に大きく動いた」というほどのものではありませんでした。

強いて挙げれば、ユーロが米ドルに対して、やや値を下げていますが、これには、ECBが、「しばらく、政策金利引き上げはしない」と発表したという明確な理由があります。

米国の政策金利引き上げに関連して、今年はあと2回(計4回)、引き上げがあるかもしれないというパウエル FRB議長の記者会見の話でも、特に、大きな反応はありませんでした。

ごく短期的にみれば、やや“こう着状態”に入ったとも思える各市場ですが、こういった時こそ、実は油断は禁物です。

現状の安定は、「米国景気、労働市場が引き続き堅調」、「欧州も南欧以外は底堅い景気」、「新興国からの資金流出もある程度想定内」、といった見通しの上になりたっているものです。

従って、何がきっかけになるかは別にして、上記の何かが“想定外”となった場合、局面がガラッと変わってしまう怖さをもっています。

相場が一息ついている“こう着状態”のうちに、一度、「プラン構築(見直し)」をしておいては、いかがでしょうか!?

お陰様で、プランニングのご予約も、徐々に入ってきております。直近1週間では、6月22日金曜日と25日月曜日の午後が、面談のご予約が可能です。

お困りでは? IFA JAPAN Blog
Insert Symbol or Content Template