つみたて投資と一括投資 | IFA JAPAN Blog

つみたて投資と一括投資

さて、今回は、同じ投資でも「つみたて」と「一括」の違いについて、考えてみたいと思います。

いよいよ来年から「つみたてNISA」が導入されます。「つみたてNISA」も期間が20年間と長い為、投資の有力な手段になり得ますが、現在のNISAとは、かなり仕組みの違う部分もあります。「つみたてNISA」そのもののご説明は、改めて、別の機会にさせていただくとして、今回のテーマは、「つみたて」と「一括」という手法の違いです。

More...

「つみたてNISA」の導入を待つまでもなく、毎月5千円とか1万円とか、決まった金額を投資することは、ネット証券の存在感が増している昨今では、比較的容易に行うことができます。

ただ、「つみたて」という手法を利用される時に、「一括」での投資と同じくらい保守的になってはいませんでしょうか?

投資をする時に、誰でも考えるのは、「損をしたくない」ということです。まとまったお金を1回で投資する場合(一括投資)、ある程度の安定性を求めるなら、“価格の上下動が少ない商品”を選ぶのが一般的です。

しかし、コツコツと毎月積み立てを行う「目的」は、目先ではなく、遠い将来の為の“資産形成”です。

10年も20年も先を見据えて、積み立てを行う場合、前述の一括投資とは逆に、“価格の上下動が大きい商品”に投資したほうが、価格が低い時には沢山買うことができ、価格が高騰した時にはあまり買えないため、高値掴みをする確立を減らすことができます。

投資に「絶対」はありませんので、あくまでも、確率の話ではありますが、もし長い期間の積立を検討されるのでしたら、“価格の上下動(ブレ幅)の少ない商品”に投資していては、もったいないということです。

自分の将来の為に、積立投資をご検討されている方、積立でどんな商品に投資したらよいか迷われている方、効果的に“資産形成”をするために、ぜひ一度ご相談ください。

お困りでは? IFA JAPAN Blog