どう考えても、金利は上がる!?

さて、今回のテーマは、年明けから徐々に上がり始めている「金利」についてです。

2016年末と2017年末、そして、直近1月末の各主要先進国の10年物国債の金利を比較すると、

More...

2016年末

2017年末

2018年末

米国

2.44%

2.41%

2.71%

日本

0.04%

0.05%

0.08%

ドイツ

0.21%

0.43%

0.70%

英国 

1.24%

1.19%

1.51%

(出所:ブルームバーグ)

となっています。いかがでしょうか!? わずかずつではありますが、先進国の金利は、上昇傾向にあります。

元々、各国で、リーマンショック以降、軒並みゼロ近いレベルまで下がったため、少しずつ戻すのは、想定内のことです。

いつかは金利が上がることは、皆わかっていることなのですが、唯一わからないのは、その“タイミング”が、何時なのかということです。

相場の選択肢は、常に以下の3つです。
「上がる」
「動かない(横ばい)」
「下がる」

しかし、長期金利の世界においては、十分すぎるほど下がりきっているため、今後の可能性は、おそらく、「動かない(横ばい)」か、「上がる」の二者択一です。

もちろん各国の長期金利が、同時に動くわけではありませんので、国ごとにみていく必要はありますが、幸い(?)日本は、「金利引き上げレース」においては、最後尾を走っていますので、他の先進国の様子を観察することができます。

実際に、金利が上昇局面となりそうな時、投資家が考えなくてはならないことは、なるべく残存期間が短い債券にしておくということです。逆に、住宅ローンのように負債を持つ側であれば、残存期間と手数料にもよりますが、「固定金利」を選択すべき時期となってきます。

今のところ、上昇速度が一番早いと思われる米国も、3%には到達していません。

ご自分の「ポートフォリオ」に、債券の組み入れ比率が高い方は、是非今のうちに、見直しをされたほうが良いでしょう。

一般的に、株式よりリスクが少ないと言われる債券ですが、「債券だから安心」というセオリーは、資産運用の世界にはありませんので、くれぐれもご注意ください。

ご相談、「ポートフォリオ」診断、いつでもお待ちしております。

お困りでは? IFA JAPAN Blog