今日の数字「日本3位」

さて、今日の数字は、世界銀行が発表した「新たな指標」についてです。その中で、日本は世界で“3位”となりました。一体、何の指標なのでしょうか!?

今回、世界銀行が発表した指標は、世界各国・地域における「子供の成長環境」を測るものです。

More...

主に、子供の教育環境や健康状態などで評価しています。

子供の成育環境の上位国・地域のベスト10は、以下のようになっています。

1位  シンガポール
2位  韓国
3位  日本
4位  香港
5位  フィンランド
6位  アイルランド
7位  オーストラリア
8位  スウェーデン
9位  オランダ
10位  カナダ

この手の調査では、上位を独占する北欧勢を抜いて、今回は、アジア地域が上位を独占しています。一方、下位にはアフリカ諸国などが名を連ねています。

アジア地域は、概して教育熱心な民族性もあってか、上位を占めていますが、逆に言うと、それだけ教育現場での“競争”も、激しいということが言えそうです。

生まれてきた赤ちゃんは、ある意味“まっさらな状態”です。

その後の育った環境、受けた教育、様々な体験などを通して、人間は、人格者にもなれば、犯罪者にもなります。

その国の将来を担うのは、やはり子供たちです。

少子化が進む日本においては、特に、子供たちを社会全体で育んでいく取り組み、そして“意思”が必要と、改めて強く感じます。