今日の数字「日本51位」 | IFA JAPAN Blog

今日の数字「日本51位」

さて、今日の数字は、日本が世界で51位というお話しです。果たして、何が51位なのか・・

先般、国連より、「世界幸福度報告書( World Happiness Report)2017」が発表されました。

それによると、日本の幸福度は、調査対象の155カ国中、昨年より2つ順位を上げて、51位となりました。

More...

この調査における幸福度とは、自分の幸福度が、「0から10のどの段階にあるかを答える世論調査」によって得られた数値の平均値で求めます。

幸福度を測る説明変数は、以下の6つからなっています。
(1) 一人当たりのGDP
(2) 社会的支援(困ったときに頼れる親戚や友人がいるか)
(3) 健康寿命
(4) 人生の選択の自由度(人生の選択の自由に満足しているか)
(5) 寛容さ(過去1か月に寄付をしたことがあるか)
(6) 腐敗の認識(政府に腐敗が蔓延しているか)

ちなみに今回の上位5カ国は、以下のとおりでした。
1位 ノルウェー
2位 デンマーク
3位 アイスランド
4位 スイス
5位 フィンランド
上位を北欧勢が占めていますが、特に上位4カ国は、国民の自由度、政治など幸福に関係する主要ファクター全てで、高評価を獲得しました。

逆に、ワースト5はというと、
151位 ルワンダ
152位 シリア
153位 タンザニア
154位 ブルンジ
155位 中央アフリカ
内戦や治安の悪化が著しい中東アフリカ諸国が名を連ねています。

今回の結果を観て、個人的には、日本はもっと上位に位置してもよい気がしています。

あくまで“幸福感”は、自分で感じるものですが、日々の生活において、より美点凝視や有難さを意識できれば、幸福度も上がるのではないかと感じるレポートでした。