今日の数字「0.9人」

さて、今日の数字も、赤ちゃんに関係した数字です。この数字、日本は1位ではありますが、そこには喜んでいられない現実があります。

国連児童基金(ユニセフ)が、先般、世界各国の新生児死亡率を発表しました。2017年の「生後28日未満で死亡した乳児」の推計結果です。

More...

それによれば、日本は1000人当たり0.9人と、最も死亡率が低いという結果となりました。2位がアイスランドで1.0人、3位がシンガポールで1.1人と続いています。

一方、死亡率が高かったのはパキスタンで45.6人、次いで中央アフリカ42.3人、アフガニスタン40.0人となっています。死亡率の高い国々は、貧困や紛争地域がその大半です。

また、世界全体では、新生児は年間約260万人亡くなっており、その内100万人は、“生まれたその日”に死亡しているとのこと。

死亡原因は、出産時の合併症や肺炎などの感染症が多く、清潔な水や消毒剤があれば、大半は助かる命です。

日本は、「最も安全に出産できる国」ということですが、それでも1万人のうち、9人の新生児が亡くなっており、死亡率の高い国では、その50倍にもなっています。

安全、そして安心して、赤ちゃんが生まれてこれる地球であってほしいものです。

死亡率の高い国は、日本からは遠く離れていますが、「愛情の反対語は憎しみではなく、無関心(無感情)である」という言葉を思い出します。

我々個人ができることは限られていますが、何より“関心”を持って、可能な範囲で、ボランティアや寄付など、貢献できることをしたいものです。