今日の数字「1553万人」

さて、今日の数字は、「日本のある年齢層の人口」を表しています。今年も過去最少を更新し、37年連続で減少しています。日本の少子化が止まりません。。。

この度総務省が、4月1日時点の14歳以下の子供の人口推計を発表しました。それによると、1553万人となり、前年より17万人減少しました。

More...

また、「総人口に占める割合」も、12.3%と0.1%減少し、こちらは44年連続低下し、過去最低を更新しています。

男女別では、男子が9万人減って795万人、女子も8万人減って758万人となっています。

また、都道府県別では、東京都が唯一7000人増加しましたが、その他、46道府県はすべてマイナスとなりました。

日本全体の人口も減少傾向にある中、それを上回る勢いで、子供の割合が低下しています。

そういえば、街を歩いていても、子供の泣き声や笑い声が珍しく、新鮮に感じることさえあります。

様々な要因があるため、簡単に解決は難しいとは思いますが、まずは、国民が「子供を持ちたいと想えるようになること」、そして、「子育てしやすい環境や制度」などを、整備していく必要があるのでしょう。

子供が好きな人、苦手な人もいるでしょうが、「大人も、全員、昔は子供だった」のですから、まずは、暖かく見守っていける社会にしていきたいものです。