今日の数字「549兆円」

さて、今日も、日本のGDPを凌ぐ大きな数字です。前回は、「日本の国富」を取り上げましたが、今日は、「日本国の貸借対照表」についてです。

先般、財務省より、2016年度末時点における国の資産と負債の状況を表す「貸借対照表(バランスシート)」が公表されました。

More...

それによると、資産は、前年比0.4兆円増加し、672.7兆円となりました。対して負債は、28.5兆円増え、1221.6兆円となっています。

従って、差引-548.9兆円となり、今日の数字は、「国の債務超過額」を表しています。

国の貸借対照表は、企業会計に準じて作成され、毎年注目を集める「一般会計」のほかに、大きな予算が組まれる「特別会計」も含まれています。

債務超過額は、この1年で、“28.1兆円”増加しました。

個人や企業であれば、「自己破産」や「倒産」の“域”に達していますが、国の場合、徴税権を持っているため、「国富」がプラスである以上、すぐに「破たん」することはありません。

ただ、前回も指摘した通り、毎年30兆円近い債務超過を積み増ししていけば、「財政健全化」は遠のくばかりか、いずれ、「日本国」、そして「円」への信認も低下していきます。

そろそろ真剣に、日本の財政運営の“長期ビジョン”を、考える(示す)時期が来たといえるでしょう。