今日の数字「72.14歳と74.79歳」 | IFA JAPAN Blog

今日の数字「72.14歳と74.79歳」

さて、今日の数字は、年齢です。日本人の平均寿命にしては、年齢が低いですが、果たしてこの数字は何なのでしょうか?

厚生労働省の発表によれば、日常生活を寝たきりなどにならずに過ごせる時間を示す「健康寿命」が、男女共に延びたことが分かりました。

More...

2013年の前回の調査に比べ、2016年は、男性が0.95歳延びて72.14歳に、女性が0.58歳延び74.79歳となりました。

健康寿命は、平均寿命に比べ、男女の差はあまり大きくはありません。

特に、最近の健康ブームなども追い風になり、男女共に年々、健康寿命は延びています。

とはいえ、2016年時点で、平均寿命と健康寿命の差は、まだ大きな開きがあります。

男性で8.84年、女性は12.35年です。つまり、この年数が、介護などを受けている期間ということです。

最近、「人生100年時代」と言われるようになり、経済面でのご相談も増えてきましたが、やはり、充実した人生を送るためには、まずは“健康維持”が重要なテーマといえそうです。