お金を失う“3大要因”とは?

増やす話にはいる前に。。。

1.はじめに

日本の年金制度への不安、将来のインフレによる物価上昇、お給料の伸び悩みなど、私たちの将来の「お金」に関する“不安”は年々高まっているような気がします。

その意味においては、私たち一人一人が、お金について真剣に考え、貯蓄や資産運用に取り組まなければならない時代となりました。今回は、「お金を増やす」前に、まず「お金を失わない」ことについて、考えてみたいと思います。

More...

2.お金を失う“3大要因”

まずは、「お金」を確実にふやしていくためには、「お金」を失う可能性の高い要因をきちんと理解し、対策を打っておく必要があります。「お金」にまつわる失敗で、是非とも避けたいものには、大きく“3つ”あります。

また、「詐欺事件」も、近年、振り込め詐欺をはじめ、金融詐欺など、手口は巧妙化してきています。

「この商品を買えば、3年で倍になる」
「元本保証でしかも、金利が10%つく」
「あの芸能人もやっている投資で、すでに一万人が会員になっている」

などなど、人の“射幸心”をくすぐり、「そんなうまい話は無い」と日頃言っている人ほど、思考停止状態に陥り、詐欺にあってしまうのです。被害額は、一人当たり数十万円から数千万円にまで達します。まずは、詐欺だけには、絶対合わないようにしなければなりません。

二つ目は、「貸す」と言う行為です。詐欺事件のような犯罪ではないので、「何で?」と思う人もいるかもしれませんが、実は貸したお金が戻ってこないという話は、世の中にたくさんあるからです。額は、少額から数千万円にまで及びます。あなたも、そんな経験をしたことはないですか!?

わたしたちは、日頃の生活の中で、ついジュースを買う時に「100円貸して」、飲み代が足りないから「2000円立て替えてくれる!?」など、気軽にお金の貸し借りをすることがあります。上記の程度であれば、さほど問題では無いとは思いますが、わたしはできればそれすらしないほうが良いと考えています。

何故なら、それは、お金の貸し借りをする“習慣”が付いてしまうからです。お金の貸し借りで、大きな問題となるのは、「生活費が払えない」、「家賃が払えない」、「カード決済の引き落としにお金が足りない」など、様々な理由で、数万円から、場合によっては数百万円のお金を用立て無ければならなくなったときです。

そして、お金の貸し借りによって、最悪の場合、あなたの大切な人間関係が失われてしまうことにも繋がります。「貸す」と言う行為も、戻ってこなければ、お金を失うことになるため、避けなければならないことなのです。

三つ目は、「浪費する」ということです。浪費とは、お金を使うことですが、本当に必要で、活きたお金の使い方は浪費とはよびません。ここで言っているのは、無計画に、あとで何に使ったかも思いだせないような「お金の使い方」のことです。

例えば、貯金ができない人に共通していることは、「なんとなく、気がついたらお金がなくなっていた」といった答えです。つまり、きちんとした「目的」を持たずに、お金を使っていると、いつの間にかお金は浪費されてしまうのです。

あなたは、1年に一体どのくらいのお金を使っていますか!?

すぐに答えられる人は、少ないのではないかと思います。それを計算する方法は、あなたが1年間で稼いだお金(給与などから税金などを引いた手取り金額)をまず計算します。
次に、その1年間で、預貯金や生命保険など定期的に引き落としたり、積み立てたりして残っている金額を計算します。つまり、1年間で“手元に残っているお金”の額です。

そして、自分の年間の手取り金額から手元に残っている金額をひいたものが、あなたが1年間に使った金額と言うことになります。

年間手取り金額200万円-手元に残っているお金20万円

=あなたが1年間で使ったお金180万円
180万円÷12か月=15万円(毎月使っているお金)

一度、生活費を含めたお金の使いみちを調べてみるとよいと思います。
当然ですが、浪費をすれば、「お金」をふやすことができないわけです。

3.おわりに

お金を貯める、増やす前に、まずは「失う要因」をしっかりと頭に入れておきましょう。
上記三つを、徹底的に避けることによって、あなたは大切な「お金」を失う大きなリスクを回避することができるようになります。

お困りでは? IFA JAPAN Blog