慣れは恐ろしい!? | IFA JAPAN Blog

慣れは恐ろしい!?

さて、今回は、「慣れ」について、考えてみたいと思います。

先週金曜日、出勤前にテレビをつけたら、いきなり「Jアラート」が鳴り響いていました。

NHKから民放各局まで一斉に、北朝鮮の「ミサイル発射」の報道です。

ただ、ミサイルが実際に、日本の頭上を横切ったにも関わらず、この日の日経平均は、102円06銭高の19,909円50銭で引けています。

More...

もしかしたら、実際に建物の中に避難した人も、あまりいなかったのかもしれません。

また、通勤途上で電車に乗っていたりすれば、日本中の電車が一時停止する事は考えにくいので、そもそも避難のしようが無いかもしれません。

とはいえ、いくら頭上を飛び越えて、落下するのは海だからといって、やはり油断は禁物のように思われます。

怖いのは、そのうち「慣れてきて」、せっかく「Jアラート」で警戒を呼びかけられても、「どうせまた日本を飛び越えていくだけ」と反応しなくなってしまうことです。

そして、「慣れ」ということで考えると、実は、経済面でも同じことが言えます。その一つが、「デフレ経済」です。デフレ経済に「慣れ切った」状況も、怖い事の一つです。

「運用は国債が一番」、「住宅ローンは変動で借りるのが一番」と考えて、何も問題がなかったのは、結局、ずっとデフレ状態だったからです。

徐々に金利が上がる傾向が見え始めたとは言え、幸い、明日、明後日のうちに、金利が急騰するという恐れはなさそうです。

「何時、デフレは終了するのか」、「金利はいつから上がり始めるのか」こういったことを予想するのは、エコノミストや評論家に任せておいて、まずは、どうなっても乗り切れるような「ポートフォリオ」を、構築しておくことです。

いつもの繰り返しにはなりますが、事態が起こって、慌てふためくのではなく、相場が堅調で、静かな今のうちに、是非、“備えて”おきたいものです。

お困りでは? IFA JAPAN Blog