米国、追加利上げへ! | IFA JAPAN Blog

米国、追加利上げへ!

さて、今週のテーマは、「米国政策金利の引き上げ」についてです。

先々週、「米国利上げの可能性が急浮上」とお伝えしました。その後、「もはや、上げるのは既成事実」であるかのような雰囲気になっていたため、特に市場の混乱はありませんでした。

マーケットは、混乱どころか、株式市場は、NYダウが100ドル以上も上げ、債券市場は、10年物国債の利回りは0.11%も下がりました。
※債券価格は急騰

More...

会合直前の3月10日(金)に発表された米国の雇用状況に関する数字が、市場の予測以上に改善していたため、「今年は、年4回利上げがあるのでは!?」という見方も出ていましたが、今のところ、FOMC(米連邦公開市場委員会)は、当初の予定通りという見通しのため、株高、債券高(利回りは低下)となったようです。

今回、この時点でFRB(米連邦準備制度理事会)が、利上げに踏み切ったということは、それまでのイエレン議長の発言通り、「米国景気はかなり力強い」とFRBは感じているという証明だと思われます。

日本の現状を観ると、金利の引き上げは、まだまだ先の話ですが、当初の想定よりは早かった米国の利上げをきっかけに、今後、相場環境は変わるかもしれません。

オランダの選挙はひとまず、混乱にはならずに終わりました。4月下旬からのフランスの選挙、夏が過ぎるとドイツの選挙と、ここまではわかっていましたが、急きょ、5月には韓国の選挙も入ってきました。北朝鮮や中国を含む、日本を取り巻く環境にとっては、大きな影響があります。

今年の不確定な要因は、これからまだまだ待ち構えています。相場が“小康状態”のうちに、是非とも、「ポ―トフォリオ」の点検は済ませておきましょう。

お困りでは? IFA JAPAN Blog