米失業率、半世紀ぶりの数字!

最近、米国の失業率は、低下の一途をたどっていました。

そんな中、10月5日(金)に発表された米国の9月の雇用統計(速報値)の数字は、かなり良いものでした。

More...

ほぼ半世紀ぶりに、失業率が3.7%という数字が発表されました。

一口に失業率といいますが、

完全失業者数÷労働力人口(※)×100
※求職活動をしていて、すぐ働ける状態にある人

という式で計算されます。

解雇や転職が当たり前の米国社会では、失業率が3%程度であれば、“完全雇用状態(職に就きたい人は、いつでも働ける)”と言われています。

3.7%という数字は、ほぼこれを満たした水準と言っても、過言ではないでしょう。

つまり米国では、健康で働きたいと望む人は、職をより好みさえしなければ、ほぼ100%、職に就けるという状態なのです。

とすればこの先に待っているのは、「賃金の上昇」です。ネット通販最大手も、先日、賃金の引き上げを発表しました。

また、米国10年債利回りは、先週、“3.23%”まで上昇しました。

米中貿易摩擦が、仮に、このまま続くとすれば、目先、輸入品価格の上昇により、物価が上がると考えるのが自然です。

いよいよ、“インフレ時代の入口”が、見えてきたようです。

今後、どうなっていくかは、まだ予断を許しませんが、インフレにも対応できるようしっかりと、「ポートフォリオ」を見直しておきたいところです。

今週は、10月12日金曜日、13日土曜日のいずれも午後が、面談のご予約が可能となっています。

お困りでは? IFA JAPAN Blog
Insert Symbol or Content Template