麻妃奈 スコット

麻妃奈 スコット 作者

金融業界において15年以上の経験があり、英国のHSBC香港上海銀行等において、上席投資アドバイザーを務める。 近年は、国内投資助言会社の海外ファンド主任アナリストとして、海外ファンドの分析及び選定に従事。 日本テクニカルアナリスト協会及び英国テクニカルアナリスト協会会員。 現在、IFA JAPAN®株式会社において、「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)」のポートフォリオ管理全般を行っている。

雇用統計で一喜一憂しないために

雇用統計で一喜一憂しないために-IFA-JAPAN-Blog

さて、今回のテーマは、久しぶりに、「米国の雇用統計」についてです。

3月9日金曜日、2月の米国の雇用統計が発表されました。

非農業部門雇用者数は、市場予想20万人を大きく上回り、31万3千人の増加、1時間当たりの平均賃金が前月比4セント上昇、失業率は4.1%で、前月と変わらずという結果でした。

もっと読む...

今日の数字「1151万円」

今日の数字「1151万円」-IFA-JAPAN-Blog

さて、金融広報中央委員会から、2017年の「家計の金融行動に関する世論調査」が、発表されました。それによると、金融資産の平均世帯保有額が、1151万円となりました。

前年は、1078万円だったので、約70万円増加しました。

ここでいう金融資産とは、「運用資産や将来のための貯蓄」を対象としているため、日常的に使う預貯金は含まれていません。

ドル建て日経平均

ドル建て日経平均-IFA-JAPAN-Blog

さて今回は、「海外から観た日本株投資のリターン」に関する話題です。

“アベノミクス”と呼ばれてきた経済の回復を支える柱は、いろいろな意見はあるにしても、やはり「円安・株高」と考えられます。

従って、「米国が利上げしそうだ」「いや、まだ先だろう」といった予測で、円安が期待されれば株は上がり、逆に円高方向の予測が強くなると日本株は下がるというのが今までのパターンでした。