個人型確定拠出年金(iDeCo)と確定申告 | IFA JAPAN Blog

個人型確定拠出年金(iDeCo)と確定申告

さて、今回のテーマは、「個人型確定拠出年金」の税金についてです。

とは言っても、「個人型確定拠出年金」そのものは、以前よりご説明していますように、“非課税”です。

すでに「個人型確定拠出年金」を、始められている方のお手元には、国民年金基金連合会から、「小規模企業共済等掛金払込証明書」が、郵送されているか、または、もうすぐ届くはずです。

More...

そちらを会社の年末調整に、お使いください。

但し、夏以降に、銀行や証券会社で口座開設をされ、10月以降に、初回の引き落としがされた方への発送は、平成30年1月下旬ごろになるため、確定申告が必要になります。

せっかくの制度です。年末調整の方は、会社で行ってもらえますが、確定申告の方はくれぐれもお忘れなく。

またもう一つ、余計なお世話ではありますが、付け加えさせていただきます。

確定申告等で税金が減った、あるいは還付された方は、その税金が減った分(戻ってきた分)を、資産運用にまわさなくては、長い期間に渡る「複利効果」を、“効果的”に得る事ができません。

還付された「お金」を、ゆめゆめ忘年会や新年会で、飲み代に使ってしまわないよう是非お気をつけください(笑)。

「個人型確定拠出年金」のメリットは、最大限に利用しましょう。

大きなメリットのある「個人型確定拠出年金」を、今後始めたいが、「どうやって始めたらよいか、分からない方」、すでに始めているが、「定期預金だけで、運用方法で迷っている方」、是非とも、来年からの「資産形成」に向け、この機会にお気軽にお問い合わせください。

お困りでは? IFA JAPAN Blog