つみたて投資と一括投資

つみたて投資と一括投資---IFA-JAPAN-Blog

さて、今回は、同じ投資でも「つみたて」と「一括」の違いについて、考えてみたいと思います。

いよいよ来年から「つみたてNISA」が導入されます。「つみたてNISA」も期間が20年間と長い為、投資の有力な手段になり得ますが、現在のNISAとは、かなり仕組みの違う部分もあります。「つみたてNISA」そのもののご説明は、改めて、別の機会にさせていただくとして、今回のテーマは、「つみたて」と「一括」という手法の違いです。

もっと読む...

今日の数字「290兆円」

今日の数字「290兆円」---IFA-JAPAN-Blog

さて、今日の数字は、個人の証券投資が、10年ぶりに過去最高を更新したというお話です。

今年6月末の個人の証券投資残高が、約290兆円と過去最高額となりました。内訳は、株式が190兆円、投資信託が100兆円となっています。

今まで過去最高だったのは、10年前の2007年6月の282兆円でした。

投信の保有コスト、引き下げへ!

投信の保有コスト、引き下げへ!---IFA-JAPAN-Blog

さて、今回は、「更に安くなった投信の手数料」について、取り上げたいと思います。

プロに運用を任せることによって、中長期での資産の増加を期待できるという点が、投資信託の長所です。逆に最大の短所は、そのための“コスト”がかかる事です。

コストのうちでも、投信の購入時にかかる「買付手数料」については、ネット証券の普及により、かなり引き下げが進んできました。

もっと読む...

2017年7月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2017年7月---IFA-JAPAN-Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の7月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

直近の出来事

直近の出来事---IFA-JAPAN-Blog

さて、今回は、「直近の出来事」について考えてみたいと思います。

先週末から今週にかけて、いろいろな事が起きています。

まず先週、米国でバノン首席戦略官が退任しました。辞任なのか、解任なのか、日本的に言えば「泣いて馬謖を斬る」だったのか、真相は全く分かりません。全ての経緯は憶測の域を出ません。

1 12 13 14 15 16 34