下落しない相場

下落しない相場--IFA-JAPAN-Blog

さて、今週のテーマは、不思議な「相場動向」についてです。

英国では、また“選挙の予想”が外れました。総選挙直前には、「メイ首相率いる保守党が楽勝」というのが当初の見通しでした。

とにかくメイ首相が、どれだけ自信を持っていたのかは分かりませんが、国民の強い指示を得て、「EUとの交渉には強い態度で臨む」という思惑は、これでどこかへ飛んでいってしまいました。

今日の数字「97万6979人」

今日の数字「97万6979人」---IFA-JAPAN-Blog

さて、今日の数字は、ある人口を表しています。

厚生労働省の人口動態統計によれば、2016年に生まれた子供の数は、前年より2万8698人減少し、97万6979人と、統計上、初めて100万人を割り込んだことがわかりました。

一方、死亡数は、前年より1万7321人増加し、130万7765人の方が、亡くなられました。出生数と死亡数の差は、33万796人で、10年連続の自然減となっています。

今後の株式相場の行方は!?

今後の株式相場の行方は!?---IFA-JAPAN-Blog

さて、今週のテーマは、最近堅調な「株式相場」についてです。

ついしばらく前までは、「株式相場が好調」というのは、米国の株式市場だけに用いられる表現でした。

特に2015年8月のいわゆる「チャイナ・ショック」で、各国株式相場が降り落とされて以降、 一番回復が早かったのが米国でした。

今日の数字「500億ドル」

今日の数字「500億ドル」---IFA-JAPAN-Blog

さて、今日の数字は、500億米ドル(約5兆5000億円)と、かなり大きな金額です。

2016年度、日本企業がドルやユーロなどの外貨で発行した社債が、前年比45%増加し、約500億ドルになったことがわかりました。これは集計を始めた1995年度以降で、過去最高額となっています。

最も発行が多かったのは金融機関で、444億ドルと、前年の1.5倍、全体の88.8%を占めました。

2017年4月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2017年4月---IFA-JAPAN-Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の4月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

1 23 24 25 26 27 41