2016年4月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2016年4月-IFA-JAPAN-Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の4月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています

マイナス金利と移転所得!

マイナス金利と移転所得-IFA-JAPAN-Blog

さて今回のテーマは、「マイナス金利と移転所得!」についてです。

日本だけに限った話ではないのですが、本当に主要国のどこもデフレからなかなか脱却できません。米国は既に量的金融緩和をやめたとはいえ、今年4月末の米国10年国債の利回りはたったの1.83%です。

「利上げをする、しない」と大騒ぎしていた昨年10月末には2.14%でした。政策金利の引き上げを受けて、長期金利は上昇するどころか、政策金利引き上げ前より低下しているのです。

フィンテックの本質とは?

フィンテックの本質とは-IFA-JAPAN-Blog

さて今回は、「フィンテックの本質」について考えてみましょう。

最近、“フィンテック”という言葉を耳にしない日はないくらいどこへ行ってもこの単語が溢れかえっています。この金融(ファイナンス、Finance)と技術(テクノロジー、Technology)を組み合わせた造語への期待は、相当大きいものがあるようです。

ただ、こういった新しい言葉が登場する時はいつも、「具体的にどういった事をさすのか」という点がはっきりしません。

もっと読む...

ポートフォリオの大切さ

ポートフォリオの大切さ-IFAJAPAN-Blog

さて今回のテーマは、改めて考えさせられた「ポートフォリオの大切さ」です。

4月26日、27日に渡って開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)がまあまあ、平穏無事に終わったとほっとしたのも束の間、今度は28日木曜日の日銀政策決定会合で、何も追加の緩和策が出なかったということで、円高、日本株安が一気に進行しました。

長期的スパンで、考えてみる

長期的スパンで、考えてみる-IFAJ-Blog

さて今回のテーマは、「長期的スパンで、考えてみる」です。

一体、何を考えるのか!?
それは、この国の将来についてです。

日本をとりまく相場関係者は、4月28日の日銀政策決定会合後の黒田総裁の記者会見の中で、「どんな追加金融緩和策を発表してくれるのか」固唾を飲んで見守っています。

2016年3月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2016年3月-IFA-JAPAN-Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の3月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

1 27 28 29 30 31 34