REITは、最適な投資先なのか!?

REITは、最適な投資先なのか-IFA-Japan-Blog

さて今回は、今、人気の高い「REIT(不動産投資信託)」について、考えてみたいと思います。

モーニングスター社の独自推計によると、公募株式投資信託における7月の純資金流入も、やはり「国際REIT型」「国内REIT型」が、1位、2位を占め、いよいよ始まるオリンピック的に言えば、「金」「銀」メダル独占状態となっています。

2016年6月 公募投資信託“モデル・ポートフォリオ”の運用実績

モデル・ポートフォリオの運用実績-2016年6月-IFA-JAPAN-Blog

さて本日は、当社の投資信託を用いた「モデル・ポートフォリオ」の6月の実績をお知らせします 。

こちらは、当社独自の国内公募投資信託を使った各ポートフォリオのパフォーマンスです。

投資家の方の「期待リターン」と「リスク許容度」にあわせて、4タイプの「ポートフォリオ」の運用を行っています。

オルタナティブの出番!

オルタナティブの出番-IFA-JAPAN-Blog

さて今回は、「オルタナティブ系の投資信託」について、取り上げてみたいと思います。

4月15日の本欄で「サムライヘッジファンドを考える」というテーマでオルタナティブ系の投資信託についてご紹介しました。あまり時間が経っていないにもかかわらず、またこの話題を取り上げるのは、やはり必要性がより高まってきたように思えるからです。

デフレの終焉、そのあとに

デフレの終焉、そのあとに-IFA-Japan-Blog

さて今回は、「デフレの終焉」のあとに何が待っているのか、考えてみたいと思います。

最近、「ターゲットデートファンド」という投資信託の名前をよく耳にします。各運用会社によって名称は多少違いますが、ポイントは、投資家の年齢や、投資可能な期間に応じて、「資産の配分」を変更していくというものです。

分配金の引き下げ

分配金の引き下げ-IFA-JAPAN-Blog

さて今回は、「分配金の引き下げ」について、考えてみたいと思います。

最近、「投資信託の分配金の引き下げ」という報道を、目にすることが多くなってきました。

元々、現在の先進各国では低金利どころかマイナス金利の国も多く、分配金をコンスタントにたくさん出すことは、そう簡単ではないはずです。

英国のEU離脱から観えたこと

英国のEU離脱から観えたこと-IFAJ-Blog

さて今回は、今、日々話題となっている「英国のEU離脱」について、考えてみたいと思います。

英国の国民投票の結果には、本当に驚かされました。​

  • 実際にEU離脱のプロセスがどうなるのか
  • EUに離脱を告げる次の首相は誰になるのか
  • 本当にそれまでEUはおとなしく待っているのか
  • 離脱の撤回はありえるのか

など、ほとんど、現状では予測不可能です。

1 34 35 36 37 38 42